うつ代替療法>二極性うつ病タイプ2

二極性うつ病はかつて躁うつ病と呼ばれていました。
二極性うつ病とは、ある人が医学的うつ病の状態と狂騒状態の間を揺れ動くものです。

あるときはうつの状態が数週間、あるいは数ヶ月続き、
ときには数分間で終わることもあります。

患者の極度な精神状態の変化により、症状はさらに深刻となり、
ときとして制御不可能となることすらあります。

二極性うつ病にはタイプ1とタイプ2の二種類があります。
タイプ1のほうが深刻です。タイプ1の患者さんは症状が深刻なため、
精神病院に収容せざるをえないことになります。

タイプ1の人がうつの状態に入ったときには、
自殺をことあるごとに考え、実際に自殺しようとすることもあります。

タイプ2は1と比べると症状が軽く、本人が自覚し、
治療を受けた上で気分の変化を理解しているのであれば十分に対処可能です。

それでも、タイプ2が発症した場合、本人のみならず
本人の家族などの生活にも重大な影響を及ぼします。

二極性うつ病の患者さんは、医学的うつ病に見られる全ての症状に加えて、
極度の被害妄想や周囲に危険を及ぼすほどの怒りが発生することがあります。

うつ代替療法

トップページ
うつって何?
うつ病と中毒症状
幼児のトラウマがうつ病の引き金になる?
関係が深い人と深刻な争いを抱えている人は、うつ病が進展してしまう?
薬物依存かトラウマか?
社会不安障害などの病気の一部
女性のほうがうつ病になりやすい?
既婚者のほうがうつ病にかかる可能性が高い?
家族にうつ病の人がいる場合
喫煙者だとうつ病にかかる可能性が高い?
うつ病の可能性がわかるチェックリスト
うつ病の種類は?
脳内のセロトニンのレベルで慢性うつ病にかかりやすくなる?
慢性うつ病の症状はどれくらい深刻か?
3割の人が人生で一度は患ううつとは?
医学的うつ病は治療可能
二極性うつ病タイプ2
季節性うつ病にかからない地域とは?
精神病的うつ病に関連して発生する症状
出産直後の母親とうつ
うつ病の伝統的な治療法
認知療法でうつ病を消し去る
うつで陥りやすい限定思考とは?
ひとつの出来事をもとに他の要素を無視して結論を出してしまう
ものの見方を知ることによって自分自身も変えることができる
光療法でうつを治す
光療法の副作用
サイコセラピーでうつを克服する
薬物療法でうつを克服する
どの薬が一番有効でうつ病をおさえるのに役立つのか
トライサイクリック抗うつ剤でうつを克服する
MAOIでうつを克服する
SSRISでうつを克服する
うつ病の症状を管理できる状態にする手助けをする
代替療法でうつを克服する
抗うつ剤はどのくらい効果があるのか
ホメオパシーの2つの基本原則
似たもの同士が相乗効果を発揮する!
ホメオパシー専門家の指導でうつ病が全快する
ホメオパシー専門家はどのような訓練を受けているの?
度が過ぎる完璧主義者に有効なハーブとは?
身近な人を喪い、うつになっている人に有効なホメオパシーとは?
職や家庭を亡くした悲しみにうちひしがれた人に有効なホメオパシー
子供や行動様式が幼い人に特に効力を発揮するホメオパシーとは?
どのホメオパシー商品を買えばよいのか専門家に相談する
ホメオパシーをブレンドする
事前にホメオパシー治療の全体図を掴んでおく
ホメオパシー専門家に事前にどのような質問をすればいいのか?
ホメオパシー治療で健康保険って使えるの?
漢方でうつ病を治す
漢方の「失心状態」とは?
うつ病に良く使われる漢方のハーブ
複数の漢方を同時に使う方法
強い怒りを伴う症状に効力を発揮する複数漢方処方とは?

その他

リンク募集中