うつ代替療法>女性のほうがうつ病になりやすい?

研究によると、全体で女性のほうが男性よりも
うつ病が進むことが多いことがわかっています。

調査によると12%の男性がうつに悩まされるのに比べ、
少なくとも四分の一の女性が人生のどこかで
うつ病に悩まされることがあることがわかっています。

つまり四人に一人の女性がうつ病に苦しむということです。

一部の専門家は、男性は女性よりも多くうつ病にさらされているが、
自らの弱さや悩みを認めないために統計上女性のほうがうつ病が多いと考えております。

たとえその通りだとしても、女性がうつ病に際して助力を必要としているのは事実です。

女性のほうが人生において男性よりも多くのストレスや
プレッシャーにさらされるので、女性のうつ病は男性より多いのです。

女性にとって出産はうつ病を引き起こす大きな原因の一つです。
これはポストパータム・ディプレッションと呼ばれているものです。

ほとんどの場合男性である医師たちに長い間にわたっておざなりにされていたものですが、
今やポストパータム・ディプレッションはいまや一部の出産直後の
女性にとって重要な問題であることが認識されるようになりました。

妊娠と出産に伴うホルモンバランスの変化により肉体面や情緒面に変化があらわれ、
女性にうつ病を引き起こすことになるのです。

うつ代替療法

トップページ
うつって何?
うつ病と中毒症状
幼児のトラウマがうつ病の引き金になる?
関係が深い人と深刻な争いを抱えている人は、うつ病が進展してしまう?
薬物依存かトラウマか?
社会不安障害などの病気の一部
女性のほうがうつ病になりやすい?
既婚者のほうがうつ病にかかる可能性が高い?
家族にうつ病の人がいる場合
喫煙者だとうつ病にかかる可能性が高い?
うつ病の可能性がわかるチェックリスト
うつ病の種類は?
脳内のセロトニンのレベルで慢性うつ病にかかりやすくなる?
慢性うつ病の症状はどれくらい深刻か?
3割の人が人生で一度は患ううつとは?
医学的うつ病は治療可能
二極性うつ病タイプ2
季節性うつ病にかからない地域とは?
精神病的うつ病に関連して発生する症状
出産直後の母親とうつ
うつ病の伝統的な治療法
認知療法でうつ病を消し去る
うつで陥りやすい限定思考とは?
ひとつの出来事をもとに他の要素を無視して結論を出してしまう
ものの見方を知ることによって自分自身も変えることができる
光療法でうつを治す
光療法の副作用
サイコセラピーでうつを克服する
薬物療法でうつを克服する
どの薬が一番有効でうつ病をおさえるのに役立つのか
トライサイクリック抗うつ剤でうつを克服する
MAOIでうつを克服する
SSRISでうつを克服する
うつ病の症状を管理できる状態にする手助けをする
代替療法でうつを克服する
抗うつ剤はどのくらい効果があるのか
ホメオパシーの2つの基本原則
似たもの同士が相乗効果を発揮する!
ホメオパシー専門家の指導でうつ病が全快する
ホメオパシー専門家はどのような訓練を受けているの?
度が過ぎる完璧主義者に有効なハーブとは?
身近な人を喪い、うつになっている人に有効なホメオパシーとは?
職や家庭を亡くした悲しみにうちひしがれた人に有効なホメオパシー
子供や行動様式が幼い人に特に効力を発揮するホメオパシーとは?
どのホメオパシー商品を買えばよいのか専門家に相談する
ホメオパシーをブレンドする
事前にホメオパシー治療の全体図を掴んでおく
ホメオパシー専門家に事前にどのような質問をすればいいのか?
ホメオパシー治療で健康保険って使えるの?
漢方でうつ病を治す
漢方の「失心状態」とは?
うつ病に良く使われる漢方のハーブ
複数の漢方を同時に使う方法
強い怒りを伴う症状に効力を発揮する複数漢方処方とは?

その他

リンク募集中